花粉症をこじらせて蓄膿症になってしまって辛かったこと

私は子供の頃からアレルギー性鼻炎を持っていました。
しかし花粉症程酷い症状ではなく、2週間もすると治まってしまうので市販の鼻炎薬で済ませていたのです。

 

3年前の春先、いつものようにアレルギーの季節がやって来たと思い、市販の薬を飲んでいました。
しかし二週間経っても鼻水が治らず、段々酷くなるばかりです。
今年は長引くなと思っているうちに5分置きに鼻をかまなければならない状態になり、目の下から鼻の横にかけてアイスピックで突き刺されている様な猛烈な痛みを感じるようになりました。
そのうちに嗅覚がなくなり、食べ物の味が全くしなくなってしまったのでさすがにこれはおかしいと思い、耳鼻科に行ったのです。

 

医師は診察をして、「ずいぶん酷くなるまで放っておいたね、花粉症から蓄膿症になってるよ」と言いました。
私は蓄膿症について、病名だけしか知らなかったので慌てて自宅に帰ってネットで調べました。
酷い顔の痛み、鼻水、味覚マヒ、全て当てはまりました。

 

それから私は医師から処方された抗生物質と抗ヒスタミン剤と頭痛薬を飲みましたが、一週間経っても鼻詰まりが治りませんでした。
医師曰く「あまりにも酷くなってしまったので時間がかかっている」そうで、もう一週間抗ヒスタミン剤を飲むことにしました。

 

2週間経ったある朝、やっとコーヒーの香りがしました。
おそらく1ヶ月以上味覚マヒになっていたので、香りがする有難さで涙が出そうになりました。
3週間経ってようやく蓄膿症が治ったのです。

 

しかしその翌年から、私はしっかりと花粉症になってしまいました。
春先になると鼻詰まりが酷くなり、また味覚マヒにまでなるのです。
蓄膿症になってまたあの顔の痛みを発症することが恐くて、すぐに病院へ行きました。
まだ花粉症のうちに薬を飲んで治しましたが、医師に「もっと早めにおいで」と言われました。

 

花粉症は鼻が詰まった時点で薬を飲んでも効き目が遅くなります。
目や鼻がむずむずすると思った時点ですぐに薬を飲んだ方が早く改善します。
自分が花粉症だと思っている人は、花粉が飛ぶ前に薬を飲んだ方が良いということです。
放っておくと蓄膿症になり、蓄膿症は慢性化すると手術が必要になります。

 

乳酸菌サプリの選び方は?乳酸菌の効果・種類も徹底解説! では花粉症に良い食べ物として乳酸菌が紹介されていますが、やはり「早めに医者に行くこと」が一番です。
健康保険があれば、サプリや健康食品を買うよりも安上がりで効き目もあります。
薬による眠気も飲んでいるうちに段々慣れてきますので、来年はもっと早めに通院するつもりです。

ヨーグルトで対処しています

昔から花粉症に悩まされています。春だけなので、私はまだマシな方なのですが、それでも辛いのは確かです。何とかならないものかと、対策を講じてきました。薬を飲むことも対策の一つではあると思いますが、我が家は薬を飲むことを出来るだけしないようにしています。風邪の時も飲むことはまずありません。そんな感じなので、薬に頼ることはせず、それ以外で対策を講じてきました。
今でも続けているのはヨーグルトを食べることです。腸内環境が悪いと花粉症になりやすいということで、ヨーグルトを食べて整えるようにしています。ものとしてはちょっとお高いものを食べています。一個売りのもので、大きなカップのケースに入ったものではありません。一つ100円を超えてくるので、それを毎日食べれば3000円かかります。結構な金額です。年間になると36000円。決して裕福とは言えない我が家にとってはちょっと痛い出費になります。そのため、私がヨーグルトを毎日食べるのは花粉症で苦しむ季節のみとしていました。それ以外は週に数個として、腸内環境が荒れ過ぎないようにしていました。
ただ、花粉症のシーズンに入った後になってヨーグルトを食べ始めたとしても意味がありません。ヨーグルトを食べてもすぐに効果は出ないからです。効果が出始めるまでは花粉症に耐えなければなりません。と言うことで、多少早めに毎日食べる体制に移行するようにしていました。時期としては2月に入ったくらいです。私がアレルギーを起こすのはスギ花粉です。3月頃になると最盛期ということで、それまでに対抗できる状態を作っておくようにしています。寒い時期に冷たいヨーグルトを食べるのはあまり気が進まないのですが、花粉症で苦しむよりはマシと、食べるようにしています。
花粉が多い年の場合はあまり効かないこともありますが、少ない年であれば、苦しむのは数日でそれ以外は普通に過ごすことが出来ています。私と同じく花粉症で悩んでいる母はヨーグルトが嫌いなので食べません。そのため、花粉が少ない年などは、母は苦しんでいるけど私は特に苦しんでいないということもあります。このような状況から考えるとやはりヨーグルトは効果があるのだと思わされます。
今食べているヨーグルトを食べるようになって10年以上が経ちました。いつか頼らないでも良い日が来れば良いなとは思っています。ただ、食べ慣れて愛着がわいているのも確かです。もし治ったとしてもこのヨーグルトは食べ続けるかもしれません。

更新履歴