脱ステロイドにむけて

私はいつも季節の変わり目が来ると、アトピーによるからだ中のかゆみに悩まされています。
とくに春先の少し気温が暖かくなってきた頃や、夏が終わり空気が乾燥してきた頃にひどくなる傾向があります。
具体的には、まず髪の毛の毛先が触れる首元などがかゆくなり始めます。
そしてまぶたなどの皮膚の薄いとことももかゆくなります。
そして頭皮がかゆくなってくると、それと連動したように背中や下腹部などあらゆるところに湿疹がひろがってゆくのです。
毎年季節の変わり目が訪れて、そのような症状が出始めると行きつけの皮膚科に行きステロイド薬を貰いに行きます。
ステロイドの効果はてきめんで、薬を塗るとすぐに症状はやわらぐのです。
しかし、根本的な治療にはならず毎回そのようなことをくりかえすはめになるのです。
それではいけないと思い始めた私は、ステロイドを使わずにアトピーを治療する方法をいろいろと調べ始めました。
そしてまずは、食生活を変えていこうと決意しました。
砂糖や脂質や油はアトピーにはあまり良くないとの事なので、大好きなお菓子やファーストフードを控える事にしました。
そしてお昼ごはんは毎日コンビニ弁当を買っていたのですが、手作りのお弁当を持参するようになりました。
コンビニ食はアトピーに良くない要素がいっぱいなのです。
そして私は以前、ごま油が大好きで生野菜にかけて食べたりしていたのですが、植物性の油もアトピーには良くないので
やめることにしました。
そして次に見直したののは、シャンプーやリンスです。

シャンプーやリンスに多く含まれる化学薬品は、アトピーを悪化させてしまいます。
最初は無添加とうたわれている、市販のシャンプーとリンスにかえたのですが、いっこうに頭皮のかゆみはおさまりませんでした。
そしていろいろと調べていくうちに、石鹸シャンプーというものを見つけたのです。
石鹸シャンプーというのは100パーセント無添加で、いっさい化学薬品が入っていないのです。
髪の毛のきしみは多少気になるのですが、使い続けて行くうちに気にならなくなっていきました。
そして徐々にではありますが、頭皮のかゆみがおさまってきたのです。
湿疹がでてくる時期にはステロイドを毎日かかさなかった私ですが、食生活やシャンプーやリンスを見直す生活を始め、
本当にかゆみがおさまらない時のみしか使用しなくなりました。
まだまだ完全に脱ステロイドは出来ていないのですが、これからも生活を見直し徐々にステロイドを減らしてゆきたいと思います。